知らなきゃ恥ずかしい?英語メールのお作法

その書き方大丈夫ですか

仕事で英語のメールを書くことがあるでしょう。あまり書き慣れていないと、インターネットであれこれ調べてなんとか体裁を整え、時間を掛けてようやく送っている、なんていうケースもあるはずです。英語メールは日本語のメールと体裁が違うところがあります。英文メールのカンドコロを抑えていないと、送った相手の頭に「はてなマーク」が付くようなメールを送っているかもしれません。きちんと体裁をチェックしてみましょう。

宛名や自分の名前の書き方は大丈夫?

メールの最初に相手の名前を書くのは、英語でも日本語でも同じです。英文メールならDearやToを書いた後に、相手の名前を書きます。初めて送る相手や知ったばかりの相手なら、名字を使ったほうが無難です。慣れ親しんだ間柄なら、下の名前でも大丈夫です。宛名を書いたら、その後は本文を綴ります。最後の署名部分には自分の名前を書きましょう。日本語だと名字を書きますが、英文メールでは下の名前を書きましょう。

書き方を工夫してみて

日本人の英文は、婉曲表現を使いすぎて言いたいメッセージがあやふやだったり、表現パターンの手持ちが少ないために同じ表現が繰り返し出てきたりすることがよくあります。日本語の作りをそのまま英語にしてしまうと英語圏の人にとっては「はてなマーク」の頻出する表現になりがちです。英文を書くときには、できるだけ英語の構造を意識して文章を書いていきましょう。先に結論を話し、後から補足したり例を出したりして内容を膨らましていくパターンが好まれます。

英語の転職にはたくさんの選択肢があります。異業種に転職する他、同業種で海外の企業に転職するということも出来ます。英語が出来れば可能性が広がります。