産業医ってどんなお仕事?ほかの医師とは違うの?

労働者の健康管理を行う

産業医は、病院に勤務して患者さんを診療する医師とは異なり、企業で働く労働者の健康管理を主に行っている医師のことを指します。他にも労働環境が労働者の健康を守るうえでふさわしいかということを判断し企業に対して労働環境の改善をアドバイスしたりもします。一定数以上の労働者が働いている事業所については産業医を選任することが法律で義務付けられているため、産業医は労働者を守る医師であると考えることができます。企業の利益に影響を受けたり、職務に対しての圧力を受けることなく、労働者の健康を第一に考えて日々の業務を行うことがポイントです。医師を経験してから講習を受けることで産業医として働くことができるようになります。

産業医に求められる能力

産業医として働く場合には、病院で勤務するときとはまた違った知識や能力が求められます。具体的には最低限の医師としての知識や技術に加えて保健衛生に関する労働衛生コンサルタント試験を突破する必要があります。ただし、産業医の養成を目的としているコースを大学で学んだ場合にはその限りではありません。医師免許を取得していて興味があれば比較的簡単になることができる職業ですが、労働者の健康を守るというとてもやりがいのあるお仕事でもあります。基本的には労働者の行う作業と、その作業環境、そして労働者の健康の3つを医学的な観点から管理していく能力が求められています。また、月に一度は労働者が仕事をしている環境を見て回ることが重要です。

産業医の募集は専任のキャリアアドバイザーが厳選した求人を紹介してくれるので転職を徹底的にサポートしてくれます。